« サントリー「ザ・プレミアムモルツ黒」 | トップページ | ヱビス<ザ・ブラック> »

キリン「一番搾りスタウト」黒生

秋の夜長に黒ビール。 131

というわけで、黒ビール第2弾。
”キリン一番搾りスタウト”黒生ビールである。

最近でこそ、個人的に「BEERといえばモルツ」ではあるが、その昔はきってのキリン党。
その一番搾りの黒生となれば、気にならないはずはない。。。

というわけで、またもや苦手な黒ビール、呑んでみた。

スタウトとは、「濃色麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味の特に強いビール」。
この”キリン一番搾りスタウト”は、カラメル麦芽により香ばしく甘い香りと、深い味わいやクリーミィな泡を、そしてロースト麦芽により味に深みを与えられた。
そしてスタウト特有の「芳醇さ」と現代のビールに求められる「飲みやすさ」を両立したようだ。

まずはパッケージ。
黒に限りなく近いこげ茶をベースに、文字はゴールド、そしておなじみのキリンのマーク。
これまたつや消し加工で高級感がアップ。
黒ビールはつや消し缶が流行りか?

とりあえず呑む。

豊かなフレーバーと麦芽のうまみによる深い味わい。
一番搾り製法ならではのまろやかなコクとクリーミィな泡。
本格感がありながら、劇的に呑みやすい。
この呑みやすさはプレモル黒以上!

これが一番搾りの黒か・・・旨い。
個人的にはプレモル黒と比較すると、スタウトの圧勝だ。

本来、黒ビールは苦手なのだが。。。

こんな黒ビールなら、また呑みたい。

|

« サントリー「ザ・プレミアムモルツ黒」 | トップページ | ヱビス<ザ・ブラック> »

ビール」カテゴリの記事

コメント

このところ黒続きですね~。
ヲイラも実は黒よりもドラフトが好きです。(^^;
が、たまには黒もイイですねぇ。香りもさることながら、あのクリーミィな泡が命ですよね。

先日アイルランドに行ったときに、当然のようにギネスを(たくさん)飲んできました。(笑
本場だからなのかやはり美味かったですが、ドラフトのようにいろんなつまみを食べながら飲むというより、純粋にギネスだけを楽しむ方が合ってるのかもしれません。

で、キリンの黒がおすすめですか~。
ここまでくれば、大トリで恵比寿ザ・ブラックのインプレ楽しみにしてます。(笑

投稿: けん | 2007年11月13日 (火) 23時50分

メーカー同士示し合わせたような黒の競演。こういう情報ってメーカー同士、情報戦みたいなのが繰り広げられてるんですかねえ・・・気になる。
黒ビールは飲み口濃いからねえ。でもギネスに比べれば、日本のメーカーのはまだサッパリと飲みやすい気がしますなあ。拙者も一時期はまりましたが、オッサンになってからあの濃いさはきつくなってきた、っていうか単に発泡酒や雑酒の影響だったりして。

投稿: snake | 2007年11月14日 (水) 23時09分

けんさん>

やっぱ、どっちかというとドラフトが好きですね~

ギネスですが、大昔に呑んだっきりで最近呑んでません。
どんな味だったかなぁ。
あの頃は、若さゆえに「黒ビール、まっず~っ」的なイメージしか残ってませんが、今ならその味も理解できるかと。。。
また近々呑んでみたいです。

たしかに黒は、つまみなしで純粋にビールのみ味わう方が合いますね。
「大人が一日の終わりに静かに味わうBEER」って感じでしょうか。

ヱビス・ザ・ブラックですか。。。
よっ、読まれた(汗

投稿: エリミ | 2007年11月14日 (水) 23時49分

snakeさん>

かなりの情報戦でしょうな。。。
パッケージも、自然と似通ってる。

ギネスにも久々挑戦しようかと。
しかし、キリンスタウトは飲みやすかったなあ。
クリーミーだし、変な酸味もないし。
やはり、日本人には日本のメーカーか??

投稿: エリミ | 2007年11月14日 (水) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459783/8905487

この記事へのトラックバック一覧です: キリン「一番搾りスタウト」黒生:

« サントリー「ザ・プレミアムモルツ黒」 | トップページ | ヱビス<ザ・ブラック> »