« キリン「一番搾りスタウト」黒生 | トップページ | スペインにて »

ヱビス<ザ・ブラック>

ブラックコーヒーと黒ビールが似合う、大人になりたかった。
いや、正確に言うと、「それが似合うと大人」な気がしただけだったのかも知れない。。。132

大人を癒す黒ビール。

というわけで、黒ビール第3弾。
大御所登場。
”ヱビス<ザ・ブラック>”である。

今時のように、各社から「プレミアムビール」などという贅沢仕様のビールが発売されていない時代。
今日はちょっと贅沢を、、、なんて時のビールといえばヱビスで決まりだった。
明らかに他より高級感漂う風格、、、まさに王者。

そのヱビスが’03に発売したヱビス黒を’07にリニューアル。
ヱビス<ザ・ブラック>として販売開始した。
黒ビールを各社呑み比べるならば、決して避けては通れない道だろう。

というわけで、またまた苦手な黒ビール、呑んでみた。

いつものごとく、パッケージから。

これまたメインカラーは黒地にゴールドだが、基本はヱビスのカラー変更のみといった感じ。
奇をてらったものでも、ことさらに高級感をあおったものでもない、、、実にシンプルだ。
しかし、それがかえって「これがヱビスの黒だ」というメーカーの主張、というかゆるぎない自信のようなものを感じさせる。
もっとも、元のヱビスのパッケージ自体、他社でいうところのプレミアムバージョンなのだが。

今回のリニューアル新発売では、よりコクのあるまろやかな深みのある味わいとするためカラメル麦芽を増量。
ヱビスと同様、長期間じっくりと熟成が行われ、心地よい焙煎の香りはそのままにまろやかなコクが特徴の、味わい深いブラックビールが出来上った。

グラスに注ぐ。
やはり真っ黒だ。。。

とりあえず呑んでみる。

これは呑みやすい。
だが、呑みやすさだけで言えばキリンが上だ。
しかし、あとからやってくるほのかな苦味、香ばしさ!!
これが焙煎の香りか。すごい。。。

なぜか、初めて”藁焼きカツオたたき”食べたときを思い出す。
そうだ、あんな感じだ。
今まで食べていたものとは本質的に違う、初めてめぐり合った本物の味、とでも言うのだろうか。
「概念が変わる」。
大げさに言うとそんな感じだ。

これはすごい。
旨すぎる。
やはりパッケージをヱビスとほぼ同じとしたのは、「プレミアムなどではない。これがヱビスのスタンダードだ。」とでも言わんばかりの、ある種確信犯的なメーカーの自信の裏返しなのか。。。

やっと黒ビールの味わいがわかってきたようだ。
少しだけ大人になれたような気分だ。

歳だけで言えば、充分過ぎるほど「大人」だが(爆

|

« キリン「一番搾りスタウト」黒生 | トップページ | スペインにて »

ビール」カテゴリの記事

コメント

記事に関係ないコメントでもうしわけありません!お話いただいた、フェンダーレスの件ですが、私のよく拝見しているHPに少しフェンダーレスの事が乗っていましたので、リンクを・・・
http://www.geocities.jp/tomi197944/cbr600f4.undertray.html

こちらです。少しでも参考になればよいのですが・・・

投稿: するめいか | 2007年11月20日 (火) 01時00分

するめいかさん>

アドバイス、ありがとうございます。
リンク先、早速拝見しました。
とても参考になりました。

他のHPとか見てると、専用品でも実際取り付けとなると加工が必要だったりとかするみたいなので、ちょっと不安だったもので。。。

でも、ほりとしさんのコメントからすると、コワースなら加工なしで取り付けできそうですね。

何とか、春までには装着したいです。。。

投稿: エリミ | 2007年11月20日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459783/8954038

この記事へのトラックバック一覧です: ヱビス<ザ・ブラック>:

« キリン「一番搾りスタウト」黒生 | トップページ | スペインにて »