« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.2 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.4 »

祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.3

祝!映画「UDON」、3/15(土)に地上波初放映。
ってことで、とりあえず第3弾です。

5軒目、仲多度郡まんのう町の谷川米穀店
ここも映画「UDON」出てました。
煙突のあるうどん屋。

186

店の名前でわかるとおり、本業は米屋さん。

187

AM11:00開店で、現在11:15。
なのにもう並んでて、すぐには入れそうにない。
ちなみに知り合いが行ったときは、開店から2時間並んで閉店間際にようやく食べられたようです。

本日はそれほどでもなく、10分待ち程度で入店!
カウンターの中では、おばちゃんたちがせわしなくうどんを茹でたり、客の対応に追われている。

188

あつい小、105円を注文。
このお店はダシを置いてないので、シンプルにしょうゆをかけて、ほんの少しだけ名物の青唐辛子を入れる。
(くれぐれも、辛いので入れるのは少量に。)
タマゴもあるので、かまたまにしたい方はできます。
が、さっきかまたまを食べたばっかりなので、とりあえずタマゴは却下。
酢をかけても旨いらしいが、今回は麺を味わうため止めておく。

189

麺は少しだけ細めかな~。
ここも山越に負けず劣らず、ぴっかぴかの麺だ。
少しやわらかい感じもするが、ツルツルした麺で最高に旨い!
名物、青唐辛子もうどんとの愛称抜群だ。
失礼だが、こんな山奥のこんな米屋さんで、こんな旨いうどんが食えるとは。。。
やはり、讃岐うどんの世界はディープだ。
大満足で、次なる目標へ。

仲多度郡まんのう町の三嶋製麺
映画「UDON」でユースケサンタマリアと小西真奈美が初めてうどん食べるシーンに出てましたね。
来たことのある自分たちはパスしたが、食べたことのないT君、一人で食べに入って行きました。

満足して出てきたT君を乗せて、とりあえずインターバルのため金刀羅宮へ。

実は香川には何度も来ているのだが、金刀比羅宮は初めて。
すごい雨の中であの長い石段上がるかどうか躊躇していたが、駐車場のおっちゃんに促されせっかくなので上がることに。
しばし商店街のアーケードで雨宿り。
小降りになったところで、出発!

190

途中、「おいしくなければ御代はいただきませんよ~。打ちたてのうどんいかがですか~」の呼び込みにも惑わされず、ひたすら石段を上がる。

しかし、上がれども上がれども、一向に着かない。
いったい何段あるんだろう。。。

もうだめか、というところで「旭社」というところに到着。

191

どうやらここまで626段も上がってきたらしい。
しかし、本宮まではまだあと159段もあるようなので、全員一致でここであきらめることに。

お参りして、少し休憩ののち石段を降りていく。

192

映画「UDON」にも出てきた光景だ。

気分も一新。
次なる店へ。


Vol.4へ続く。。。


↓ランキングに参加してます。
よろしければゼヒクリックしてください。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

|

« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.2 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.4 »

讃岐うどん」カテゴリの記事

コメント

な、なんてタイムリーな。

この春、四国に讃岐ツーリングしに行こうかなぁ~。なんて思っているところです(笑)
参考にさせていただきます!

投稿: コーイチ | 2008年3月 6日 (木) 00時49分

コーイチさん>

春に讃岐ツーですか。
いいですねぇ。
自分たちも春には行こうって話してます!

うどん巡礼記はまだまだ続きます。
引き続きご覧いただき、ゼヒ参考にしてください。

投稿: エリミ | 2008年3月 6日 (木) 22時01分

いよいよ地上波初ですか・・・
また、讃岐ブーム再燃impactなんてことになったら、またしばらくは「なかむら」とか行けなくなってしまいますなあ。

投稿: snake | 2008年3月 6日 (木) 23時22分

snakeさん>

確かに。。。
ここんとこちょっと落ち着いてきたと思われる讃岐うどんブーム。
再び火がつく可能性は高いな。
GWに讃岐うどんなんて、ありえない計画になってしまいそうな悲しい予感(汗

投稿: エリミ | 2008年3月 6日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459783/10992511

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.3:

« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.2 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.4 »