« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.1 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.3 »

祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.2

とりあえず第二弾です。
今回はメジャーどころですので、安心してご覧ください。

次なる店は、3軒目、仲多度郡琴平町の宮武
今回初めて来ました。

180

ここも、映画「UDON」に出てましたね。
大将が暗算ですばやく会計をするシーン。
本日も映画のシーンと同じく、トレードマークのキャップを被ってうどん打ってました。

ここ宮武は、かのやまうち、あたりやなど超有名店を擁する
「宮武系」の総本山だ。
宮武系では、「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」など、麺やダシの冷、熱を選べるのが特徴。
ちなみに「あつあつ」は、熱い麺に熱いダシ。
「ひやあつ」は、冷たい麺に熱いダシ、だったかな?
で、自分はあつあつの小、230円にげそ天120円をトッピング。

181

一般店のように、作って席まで持ってきてくれる。

まずはダシ。
イリコは入ってはいるが、サッパリとしたあじわいだ。
おそらく昆布やカツオも入っているんだろう。
麺は、モチモチしててコシはあまり感じられない。
時間帯にもよるのだろうか?
宮武系の総本山ということで、期待しすぎたかも。
でもやまうちと同じく、やっぱりげそ天は旨かった。

4軒目、綾歌郡綾川町の山越
かまたまで超有名。

182_2

かまたまとは、熱い麺にタマゴをかけ、しょうゆ若しくは専用のダシをかけて食べるもの。
うどん版カルボナーラといったところか。
ここは今回で3回目の訪問となる。
映画「UDON」にも出てましたね。
行列の中、お遍路さん風の若者が空腹?で倒れるシーン。
この山越のおかげで、「かまたま」なるうどんメニューが全国区になったと言っても過言ではありません。
で、休日ともなると山越詣でと呼ばれるほど、ものすごい行列となります。

本日は金曜、しかも時刻はAM10:30。
並ばず食べられます。
なんて贅沢なんだ。

184

当然、カウンターでかまたまを注文。150円
すぐに作って出してくれるので、それを持ってレジにて精算。
今回は、軒数を回らないといけないので、レジ横にある魅力的な天ぷらなど数々のトッピングは泣く泣くスルーしときます。
しかしここの麺、相変わらずぴっかぴかで、見た目から不味いわけが無いことがわかる。
言い過ぎかも知れないが、芸術品のような輝きを放っている。

185

とりあえずかまたま用ダシをかけて、かき混ぜて一口。
やっぱり、いつも変わらず旨すぎる。
タマゴかけただけなんだけどな~
なんでこんなに旨いのか。
3回目だが未だに謎は解けません。。。
やっぱり、かまたま食べるならここしかないだろう。

4軒をこなし、さすがに腹がいっぱいになってきたので、少しインターバルを置くべく遠い店へ。


Vol.3へつづく。。。

↓ランキングに参加してます。
よろしければゼヒクリックしてください。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

|

« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.1 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.3 »

讃岐うどん」カテゴリの記事

コメント

エリミさんへ

宮武うどんはうどんより天婦羅が美味しいって話だよ。
でもさぁ~うどんやでの天婦羅に『ゲソ天』を選ぶエリミさんは流石です!!

山越は日曜日が定休日でしたっけ?

そそ、UDONに出てた『タウン情報誌かがわ』を購入されましたか?
たまに『うどん巡礼八十八か所』とかをやってるんだよぉ~
でね、『タウン情報誌かがわ』の中になる大人気コーナーの『笑いの文化人講座』はめっちゃ笑えるんだよぉ~!!
勿論『恐るべしさぬきうどん』も面白いよ♪

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年3月 5日 (水) 23時32分

ニャンポコー2等兵さん>

宮武って天ぷらのほうが旨いんですか??
やっぱりそうか。
「総本山」に期待しすぎた。。。
ゲソ天は基本ですよね。
うどんとの相性、バツグンと思います。

それにしてもニャンポコーさん、さすがです。
山越の定休日までご存知とは!

『タウン情報誌かがわ』って実在の雑誌なんですね!
実在するなら、ゼヒ一度読んでみたいんですよね~
『笑いの文化人講座』、気になります!!
もちろん『恐るべしさぬきうどん』は読みましたよ~

投稿: エリミ | 2008年3月 6日 (木) 00時05分

うむうむ
確かにゲソ天は旨そうだが、拙は自分の地元でほとんど聞いたことがないコンブ天を食べた。旨かった。
でも天ぷらは何とか水産がつくってるんだし・・・
うどんをもう少し・・・
宮武系のやまうちはそんなことないのにね。

投稿: snake | 2008年3月 6日 (木) 23時18分

snakeさん>

う~ん、やっぱりゲソ天は旨かった!
宮武系のうどんと特に合う!と思うのは自分だけだろうか?
たしか、藤原水産?だったかな。
作ってるの。

たしかに、宮武系ならやまうちの方が上だろう。

投稿: エリミ | 2008年3月 6日 (木) 23時37分

snakeさんへ

そそ、こんぶ天ぷらも美味しいよね♪
根っこの昆布を甘く煮て天ぷらにするの!

エリミさんへ
映画の中では『タウン情報誌さぬき』だったけどね。実在する情報誌で、なおかつ映画のような感じだったんだよぉ~
でね、笑いの文化人講座は素直に面白いけど…讃岐弁丸出しなので時々解らないかも…
実際、東讃と西讃では方言も全然違うしね!
笑いの文化人講座は単行本になっているよぉ。
最近のより講座が始まった頃の方が面白いよ!!

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年3月 7日 (金) 00時27分

実在する雑誌なんですね~
読んでみたいです。
讃岐弁かぁ。。。
多分チンプンカンプンでしょうね。
しかし、東讃と西讃で方言も違うとは。
距離的には、かなりの至近距離だと思うのですが(笑
笑いの文化人講座。
また探して読んでみます。
初期のやつがオススメなんですね~
了解しました!

投稿: エリミ | 2008年3月 8日 (土) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459783/10954025

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.2:

« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.1 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.3 »