« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.5 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.7 »

祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.6

いまさらですが、実はバイクブログです。
うどんの記事ばっかです。
もう引いてしまってる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが。
引き続き第6弾、行きます!!

ということで、2日目。

もちろん朝食抜きで早朝よりうどん巡りの続きへ。
が、空腹感などこれっぽっちもないのだが。。。

まずは1軒目、高松市上林町の穴吹製麺所
住宅街の中をナビ頼りに迷走。
こりゃ探すの無理かも、、、と思った頃ようやく発見。

207

何とかたどり着きましたが、偶然前を通りかかってうどんを食べる人はまずいないだろうという、すばらしいロケーションです。
もう一度行けといわれたら、また迷うでしょう(汗

ここはなんと、かけ100円。
温めたうどんをどんぶりにくれるので、ダシはテーブルにある鍋から自分で入れる。
てんぷらが欲しければ、テーブルの上の発砲スチロールのボックスから取ります。

208

今回は後もまだまだ続くのでトッピングはスルーしときます。
で、鍋からダシを。
おっ、ダシが黒い。。。

210

一瞬不吉な予感がしたが、一口食べて安心。
他店とは違う味だが、これはこれで旨い。
麺は、個人的にはもう少しコシが欲しい感じだが、モチモチとしてて体に優しい感じがする。
そうこうしてると、ご近所のお父さんと小学生らしき親子が来てうどん食べてました。
なんか、「香川の朝」って感じで良いですねぇ。
でも、残念ながらN君は昨夜ダウンしたまんま。
クルマで待ってるので、そそくさと次へ。

2軒目、坂出市加茂町のがもう

212

ここは今回で2回目の来店。
今日は土曜日のため、すでにかなりの行列だ。

211

このすごい行列に対応すべく、大がまで大量のうどんが湯がかれてます。

213

コレじゃ昼までに麺が売り切れになるんじゃあないかな。
アゲも売り切れないか心配だったが、わずかに残ってた。
良かった~
ここは絶対「アゲ」なんです。
当然のように天ぷらもありますが、今回はスルー。
ということで、前回と同じくかけ小100円+アゲ70円で170円。
うどんは温めてくれるので、自分でアゲをトッピングしてダシをかけます。

214

丼に入りきらないくらいアゲがおおぶりでちょっとだけ甘くて、、、
やっぱり絶品!
ここはダシにイリコを使っていないようで、とっても優しい味。
麺もコシがあまり主張せず、だしと相まってあくまでも優しいうどん、というポジションに徹してます。
相変わらず最高。
うどんの味もですが、ここロケーションもホントいいですね、、、
のどかで。
時間がゆっくり流れるような、非日常感。
これぞ、讃岐うどんの醍醐味です。
みなさん、がもうのうどんはぜひ店の外で食べましょう。

さて、次は新規の店へ。
3軒目、坂出市横津町の彦江製麺所
以前よりかなり気になっていた店だったんですが、行く機会に恵まれませんでした。
今回ようやく夢が実現!(大げさ?)

付近に駐車場が出来てて、ワリと簡単に発見できました。

215

しかし、この店構えは。。。
知らない人が見れば、きっとこの中でうどんが食えるなんて思わないでしょう。
しかも、S級と呼ばれるトップクラスの讃岐うどん。
こんな意外さも讃岐うどんの醍醐味です。

ここでは、かけ130円にアゲ60円をトッピング。

216
厨房は、近所のおばちゃん達がバザーでもやってるかのような、何かアットホームな雰囲気が漂ってます。
そのおばちゃんに丼に玉を入れてもらい、自分でテボで温めダシもウォータークーラーみたいなタンクからコックを捻ってセルフでかけます。

217

まず麺ですが、結構太い。
これ以上太いと食べにくいのでは、というギリギリのライン。
四角くてコシがあって、ウマイ。
ダシもイリコがしっかり効いてる。
だがクセがなく非常に優しい味だ、、、これは旨い。
アゲは、がもうの味に近い感じ。
がもううどん系のダシでありながら、ビシッとエッジが立ったきっちりコシのある麺。
これはスゴイ出来だ。
ある種、「讃岐うどんのひとつの完成形」に出会えたような気すらしてくる。
新たな名店に巡りあえた。
ラッキーだ。
ここは必ずまた来よう!

しかし、こういう「出会い」があるから、うどん巡礼やめられなくなるんだよな~(汗



Vol.7へつづく。。。

↓ランキングに参加してます。
よろしければゼヒクリックしてください。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

|

« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.5 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.7 »

讃岐うどん」カテゴリの記事

コメント

エリミさんへ

行ってきましたよぉ~香川に!
んで、『なかむらうどん』を食べてきました。

うどん御殿が建っていました。

味は…美味しかった

そそ、『玉タコ判』食べてきましたよぉ~

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年3月16日 (日) 14時33分

ニャンポコー2等兵さん>

おおっ。
無事帰還されましたか!
「なかむら」とのひらがな表記・・・
ということは、飯山町のこの「なかむら」ですね。↓↓

http://cat-has-ninelives.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/invol5_eda4.html#more

実は、完全なるそば派だった自分がうどんに開眼したのがその「なかむら」です!
ここ、見た目はそんなに旨そうに見えないんですが、実はかなり旨いですよね~

う~ん
『玉タコ判』かなり気になりますね~

投稿: エリミ | 2008年3月16日 (日) 20時48分

エリミさんへ

そそ、そこのなかむらうどんに行ったんだよぉ~♪

たこ判…間違いなくB級グルメです♪
人気店で予約注文が多いし焼くのに時間がかかるので1時間前に注文の電話をするのをお勧めしますよぉ♪

あとね、観音寺市の『宮武食品』ってゆう製麺所の『茶そば』が絶品!!!!
うどんもおいしいけど茶そばもプリプリでつゆもウマウマです。
持ち帰りで自分で茹でないといけませんが…
ちなみにうどんは1袋(2食入)90円、茶そば1袋(2食入)210円です。

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年3月16日 (日) 22時43分

ニャンポコー2等兵さん>

やはり、その「なかむら」でしたか。
羨ましい。。。
禁断症状が出そうです。(汗

小前のたこ判ですが、さっき調べたところ、やはりかなりの人気店のようで。。。必ず1時間前には予約して行きます!!

『宮武食品』の『茶そば』ですね!
土産によさそうです。
バイクで持って帰れそうなら、次回は買って帰ることにします!!

投稿: エリミ | 2008年3月16日 (日) 23時04分

すっかり暖かく春となりました今日この頃
ツーリングとともにうどん巡礼の旅、2008第1弾行きたいものです。
土曜の映画「UDON」を見て、まだ見ぬ名店にそしてまたあの名店に・・・よだれが・・・
ああ、バイクの調子見ておかなければ

投稿: snake | 2008年3月16日 (日) 23時24分

エリミさんへ

宮武食品はね、
観音寺の農協の近所にあります。
私は近所の『つるや』で『ざるうどん』を食べてから宮武うどんを購入し発送手続きしてって流れが定番ですwww

一度購入して食べてみてね!!
兵庫に戻って又食べたかったら電話&FAX注文したら送ってくれますよぉ~。
で、後日振込用紙が届きます。

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年3月17日 (月) 08時17分

はじめまして^^

いつも楽しく拝見させていただいてます。

「彦江」の麺、本当にうまいですよね。
ずいぶん前から、行ってみたかったけど、日曜以外になかなか行く機会がなくてやっと行けましたよ。
連れて行ってくれた友人は、近くに住んでいるので、よく食べに来るとのこと、うらやましすぎる!

あと、「がもう」も行ってみたのですが、こちらは祝日はやってなく・・・残念。
同じように、来ていた車が、数台ウロウロしていました。
ぜひ、次回は平日にこなければ・・・

投稿: よこぴぃ | 2008年3月17日 (月) 17時52分

snakeさん>

やっぱり、春は「バイクで讃岐うどん」に限りますね~
最近、ロングツーといえば「四国」なエリミです、こんばんは。
うどんもいいですが、高知でカツオのたたきもいいですよ~
ビールとの相性も最高!!

ところで、映画「UDON」
もう、何回見たか分かりません。。。

投稿: エリミ | 2008年3月17日 (月) 22時10分

ニャンポコー2等兵さん>

『つるや』の『ざるうどん』って、例のニャンポコーさんオススメのヤツですね。
たしかウズラのタマゴが入ってるとか。。。

宮武食品、ぜひ寄ってみなければ!
観音寺の農協の近くですね。
覚えておきます~

行きたいところがかなり増えたので、早速4月にでも行かねば、、、(汗


投稿: エリミ | 2008年3月17日 (月) 22時19分

よこぴぃさん>

はじめまして^^
訪問&コメントありがとうございます。

「彦江」ですが、本当に旨くて、かなり衝撃的でした。
「絶対にもう一度行きたい店リスト」のトップにあげてもいいくらいのビックリ度です。
ご友人は近くに住んでいらっしゃるんですね。
これは、かなり羨ましい。。。
あのうどんをいつでも好きなときに食べられるなんて。

「がもう」ですが、彦江と同じく優しい感じのうどんに仕上がっています。
ぜひ一度開店時を狙って行っていただいて、店の外でうどんを食べてみてください。
そして「風景を食べる」と言われている、がもうのロケーションを存分にお楽しみください。
そして、絶品と評価の高い「アゲ」のトッピングをお忘れなく。

それと、右のカテゴリからロングツーリングに入っていただいたら、他にもバイクで行った讃岐うどん巡りの記事をアップしてます。
お時間が許せば、ぜひ覗いてみてください。

投稿: エリミ | 2008年3月17日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459783/11374224

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.6:

« 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.5 | トップページ | 祝!讃岐うどん巡礼記 Vol.7 »