« 可及的速やかにお読みください。 | トップページ | 一青窈×80%=平井堅!? »

バイクライフの原点

すっかり忙しさにかまけて、更新サボってました。。。
本日、休出にてネタなし。(汗

で、おそらくほとんどヒトの目に触れていないんじゃあ、、、と思われる、ブログはじめたころにアップした記事。
最近ここに遊びに来てくれる方に、自己紹介の代わりにアップしようかと。

つーか、世間ではこういうこと、

手抜きって言うんですよね。。。(汗



【以下再掲】


今をさかのぼる事、十数年前。
管理人エリミが、バイクにどっぷりハマることになった、人生初のロングツーリング。
当時の社内報の原稿執筆を依頼され、皆を洗脳するべくつたない文章で書き綴った「バイクの楽しさ」。
引っ張り出してきました。
今となっては「死語」もありますが、伏字以外はあえて原文のまま掲載します。

271



「バイクライフへのいざない」



空が青い日が多くなり風が暖かくなってくると、体がうずうずしてくる。
バイクのエンジンをかけて、知らない道を走りたい衝動に駆られる。
もう春だな、と思いいざ走ると寒かったり、ついこの間までは日差しが柔らかかったのに、もう灼け付くような太陽に変わっていたり。
季節の移り変わりを肌で感じることができるのがバイクの良いところであり、特有のものでもある。

わたしの場合、「バイク=旅」という印象が強い。
10代の終わり、目を三角にして峠をガンガン飛ばしていた自分が嘘のように、いつの頃からかそうなっていた。

002

昨年の夏休みに○○君と○○君の3人で行った四国一周キャンプツーリング。
テント、シュラフ、着替えと、しこたま荷物を積み込んで走り出したのはいいものの、予定は真っ白。
決まっていたのは、時計と反対に一周するということだけ。
18歳からバイクに乗っているのに、恥ずかしながらこんなに長距離を走るのは初めて、であるにもかかわらず・・・。

暑さでフラフラになりながら辿り着いたキャンプ場で、飲んだビールの旨いこと、旨いこと。
あいにく食堂が閉まってしまい、食べ物といえばインスタントラーメンのみ。
という訳で、四国上陸初のディナーは”○ちゃん飯店焼豚ラーメン”となったのだが、これがまた異常に旨い。
(ちなみに、あまりの旨さに家に帰ってから買って食べてみたが、今一つだった。)

また、途中立ち寄った○ーソンで「バイク?気をつけてね。」の声。
「キャンプ場?朝は冷えるから風邪ひかないようにね。」と食堂のおばちゃん。
「へーっ、○○県からきたの!四万十川?じゃあここ通ってけばいいよ。」と大きな地図をくれた地元ライダーの方々。
雨の夕暮れ、テントの設営場所が無く困っているところで親切に安い宿を紹介してくれた、サラリーマンのおじさん。
見知らぬ土地で、見知らぬ道を走っているのに妙な安心感。
ここに来て良かった、またいつか来よう、と想う。
こういう事があるからツーリングはやめられなくなるのだろう。

001

バイクにキャンプ道具を満載して走る姿。
ローソンの駐車場に座り込んで、朝食のおにぎりをインスタントの味噌汁で流し込む姿。
人から見れば格好悪い事かも知れないが、これからも度々バイクで出かけて仲間と酒を呑み、テントで眠るつもりである。
行く先々でいろんなライダーやおばちゃんと話をしよう、とも思っている。

室戸岬で会った、千葉ナンバーのXRBAJA250の彼。
佐田岬で会った、シャネラーのおばちゃんライダー。
高松のキャンプ場で会った、タフガイのくせに白いブリーフをはいていたXJR1200、滋賀ナンバーのアンチャン。
みんな元気に走っているだろうか・・・。

とりあえず三人でスタートしたツーリングだったが、歳をとり白髪交じりの頭になっても、顔のシワが多少増えても、「行こうか」の声でテントとシュラフを積み込んで出かける・・・・そんなバイク仲間を今後少しづつでも増やし続けて行こうと思っている。



【以下追記】


以上、バイクライフの原点でした。

272

この写真は、そのツーリングの時、四国上陸一泊目のキャンプ場にて、洗ってテントの上に干した、エリミのパ○ツ越しのさわやかな朝日です。。。
何でこんな写真撮ってんだよ、、、って感じですが。

お食事中の方、お見苦しい映像、申し訳ありません。(汗


で、トップの写真ですが、同じくこのときのツーリングで、初めてバイクで瀬戸大橋を渡っているときの物です。
走りながら、後ろから撮ってもらいました。
実はコレ、当時の「モー○ーサイ○リスト」って雑誌に載ったんですよ~

う~ん、懐かしい。

しかし、月日の経つのは早いモンですねぇ。。。

で、上の記事に対し、現在は、、、

○キャンプ道具を満載して走る ⇒ できれば何も積みたくない
○テントで眠る ⇒ ビジホで眠る(笑
○ライダーやおばちゃんと話す ⇒ 最近減った。。。

ってことで、なかなか若いときの理想どおりの自分には、なれないですよね~。。。
で、ひとつだけは、想いがかなった。

○バイク仲間を増やす ⇒ 当時の3人よりかなり増えた(笑

にほんブログ村 バイクブログへ
↑たくさんのライダーのブログ満載です!!

|

« 可及的速やかにお読みください。 | トップページ | 一青窈×80%=平井堅!? »

バイクとの思い出」カテゴリの記事

コメント

理想の自分って現実、中々難しいですよねー、私も今頃は赤いBMWを乗り回し(バブル時の発想)、バリバリと仕事をこなす格好良い女性になっているはずでした・・・。

未だ中身は小学生のときと変わらず、超ナマケモノです。

人間はよくも悪くも変わる生き物なので、仕方ありませんね(笑)

投稿: するめいか | 2008年4月19日 (土) 23時50分

四国一周したときの事思い出しました。
途中で一緒に走った仲間は、名古屋と新潟の兄貴たち!
キャンプして楽しく回りましたがもうどこにいるのか。。。

なんだか年とともに行動範囲も、外出機会も思うようにならなくなりましたよね。
でも何とかまた何か始めたいなあ!

写真は雑誌に載ったんですね!
いい写真ですもんね!

投稿: ベルボトム | 2008年4月20日 (日) 00時35分

しみじみしながら読みました。
いいなあ。
光り輝く思い出。
私は恐ろしく遅いスタートだったので、そういう思い出がないのです。
山ほどいろんな物を抱えてる状態で走り出したので、日帰りが精一杯。それも夕飯の支度の時間まで。
それでも楽しいけれど、もう少し早くバイクに出会いたかったです。
あとどれくらいの景色、どれくらいの人に出会えるのかなあと、バイクを降りてカバーをかけるたびに思います。
これからも楽しみにしていますね。^^

投稿: 如月 | 2008年4月20日 (日) 17時10分

いいですよねぇ(^-^)

しみじみと読んでうなずいちゃいました
人とのふれあい
自然との対話
バイクに乗ってなかったらあうことなく過ぎていったかもしれない多くの物も
貴重な経験、体験、宝物ですよねぇ(^-^)

最後のオチにもうなずいちゃいましたけどぉぉぉ!
(^-^;あははぁ

投稿: かんな | 2008年4月20日 (日) 19時59分

原点って誰にでもありますよねぇ・・・

私も同じく四国の足摺岬1泊ツーリングが原点でした(当時原付のアメリカンバイク)。

あの頃と今もワクワクが変らないのが、今もライダーであることかな~と思います。

投稿: ヒカル | 2008年4月20日 (日) 21時06分

●するめいかさんへ

赤いBMWですか!
でも、赤いF4iをさっそうと乗りこなす今のするめさんも、かなりカッコイイと思いますよ♪
シゴトもバリバリ、家事もバリバリで!!
ナマケモノなんかじゃありませんよ~

でも、ホント人間の考えってつくづく簡単に変わっていくモンですよね。。。

投稿: エリミ | 2008年4月20日 (日) 22時32分

●ベルボトムさんへ

ベルボトムさんもキャンプで回ったんですね~
そのときのお仲間も、どこかで元気で走ってることでしょう!!

ホント、ベルボトムさんのおっしゃるとおり、歳とともに行動範囲、狭まってきたなぁ。。。
うんうん、新しいこと始めたいですよね!!

写真、載ったんですが、欲しかった掲載記念の品が送られてこなかったんです(涙

投稿: エリミ | 2008年4月20日 (日) 22時39分

●如月さんへ

光り輝く思い出、、、確かにそうです。
自分でも、当時の気持ちを取り戻すために、たまーに読み返してますよ(笑
如月さんって、勝手にベテランライダーさんと思い込んでたんですが、違うんですね~

若いうちに乗り始めた自分には分からない苦労が、遅く乗り始めたライダーさんにはきっと多いんですよね。。。
それでも情熱を持って乗っていらっしゃる、如月さん含む遅咲きライダーの方々、尊敬してます!
自分なんて、単に惰性で乗ってるのかも。。。(汗

これからも、いろんなとこに出かけて、いろんな人に会って「バイク乗ってて良かった」って思える瞬間をたくさんたくさん見つけてください^^
まだまだこれからですよ!!

投稿: エリミ | 2008年4月20日 (日) 22時53分

●かんなさんへ

バイクって、乗ることももちろん目的ではあるんですけど、決してそれだけじゃないんですよね~

ツーリング先での出会いやふれあい。
雨上がりの空気の香り。
炎天下の後の生ビールも(笑
どれもバイクじゃなきゃだめなんですよね^^

ホント、かんなさんのおっしゃるとおり、今までのツーリングの思い出、全部宝物ですよ~

で、オチですが、、、
なんか最近オチつけないと、シゴトやり残したような「罪悪感」があるんですよねぇ。。。(笑

投稿: エリミ | 2008年4月20日 (日) 23時02分

●ヒカルさんへ

ヒカルさんの原点は「四国の足摺岬」だったんですね!!
ライダーはやっぱり「さいはて」「岬」ってのに惹かれます。
で、また原付ってのが、なんか甘酸っぱい思い出で、いい感じですねぇ~^^

ワクワク感、ライダーであり続ける以上、この歳になってもやっぱり感じますよ~♪
で、やっぱやめられない(笑


投稿: エリミ | 2008年4月20日 (日) 23時09分

エリミさんへ

ぶはははははははははははははははは!!!!
めっちゃ笑ってしまいました!!!!

おぉ~シリアスな良い文章じゃんって思って読んでいたら…『タフガイの白ブリーフ』で大爆笑…
もぉ~笑いすぎてお腹痛いです♪

地元ライダーと会話が出来るのっていいね♪
私は…話しかけてくれないし私も話しかけません。
よくおぢちゃん、おばちゃんには『おねぃちゃんやったんなぁ~デッカイバイクやけん、おにぃちゃんかと思ったわ』と言われますorz

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年4月20日 (日) 23時32分

自分も最初の宿泊ロングツーは、学生時代に友人二人で行った四国一周でした。奇遇ですね。まぁ、実家が愛媛なのでそこをスタート拠点にするのが簡単という安易な考えだったワケですが。^^;

足摺岬に室戸岬、初めて走った室戸スカイラインでの快走が印象強く残っています。

で、当時は片岡義男のオートバイ小説を携行し、宿で寝る前に読みながら妄想の世界に入るというスタイルでしたw
今思えば、こっ恥ずかしいというか若気の至りというか格好つけてるというか・・・(汗

でもバイク乗りってのは、旅先で見知らぬ人と出会って思い出ができたり、初めて会ってもスッと話ができたりするってのは、今も昔も根本的なところは変わってないような気がします。

テントにシュラフ積んで…は確かにしんどくなってきたけど(苦笑)、バイクに乗る限りは旅に出ることを億劫に思いたくないですね。お互いに良い旅を続けましょう。

投稿: けん | 2008年4月20日 (日) 23時49分

●ニャンポコー2等兵さんへ

タフガイの・・・がツボでしたか!!
彼とはキャンプ場が一緒で、またまたフロで一緒になりました。
しっかし、ヒトのパ○ツなんか見てんなよ、、、って感じですよねぇ~(笑
以外だったんで、思わずガン見してしまいました(笑

X-11みたいな大きなバイク、おじいちゃんおばあちゃんにとっては、女の人に乗れるようなモンに見えないんでしょうね^^
ニャンポコさん、あんまり話しかけないんですね。
自分はツー先では話しかけるの、好きです。
特に、おばあちゃん!!(笑

投稿: エリミ | 2008年4月21日 (月) 19時42分

●けんさんへ

けんさんも、ロングツーの原点、四国一周だったんですね。
足摺岬、室戸岬、室戸スカイライン、自分にとっても思い出の場所です!!
ついでに、佐田岬、四万十川も・・・

見知らぬ人に、思いもしないようなやさしい言葉をもらったり、忘れられないあったかい気持ちをもらったり。
ホント、バイク乗りだけの特権です^^

片岡義男、自分も好きでした。
「彼のオートバイ、彼女の島」「ボビーに首ったけ」などなど。
ツーリングにまでは実際持って行きませんでしたが、そんなツーリングスタイルには、憧れはありましたよ~
テントで読み終わったら、焚き火に放り込む、、、みたいな。。。

いつまでも新鮮な気持ちで乗り続けたいですね~

投稿: エリミ | 2008年4月21日 (月) 20時05分

オチつけないとシゴトやり残したような
「罪悪感」があるなんて
さすが関西人たるべくですねぇ

僕なんかオチつけたいけど
ボキャすくないから
オチないで困ってるんですよぉ
(T-T)

投稿: かんな | 2008年4月21日 (月) 20時58分

●かんなさんへ

いえいえ、かんなさん。
ウチのブログも「オチて」ないですよ~
毎回、どうやって落とすか必死です(笑
正味、本文よりそればっか考えてるかも。。。(汗
あ~っ、おもろなりたいっっ!!

って、このブログって、何ブログでしたっけ??
(実はバイクブログです^^)

投稿: エリミ | 2008年4月21日 (月) 22時52分

エリミ♂さん、申し訳ありません。
今、まさにこんな思いを経験してます!
三十代になってからこんな風に
青春できるありがたさやぁ~。

投稿: Nyaaa | 2008年4月22日 (火) 02時43分

10代から乗ってる人って
最初はやっぱりスピード出すのが面白く、
ガンガン攻めてたみたいですよね。

自分は35歳から始めたので、
とっても怖くてそんな事…

って書こうと思ったら、

おいおいNyaaa嬢(爆)↑


あ、そうそうエリミさん、
昼食直後にこのパンツ画像を見た場合は
申し訳ありません、対象外なんでしょうかw??

投稿: よっち | 2008年4月22日 (火) 12時50分

●Nyaaaさんへ

おおっっ!!
Nyaaaさんも、もしかして最近乗り始めたんですか~
乗り始めた頃って、どこに行っても天気悪くても寒くても、バイク乗ってるだけでうれしいモンですよね^^
いくつになっても青春は青春!!
これからも謳歌してくださいね~

投稿: エリミ | 2008年4月22日 (火) 20時05分

●よっちさんへ

そうそう、若い頃はスピード、楽しいんですよね。
自分も結構飛ばしてましたよ、、、カブで(笑

ええっ!!
Nyaaaさんの「今、こんな思いを経験」って、目を三角にして飛ばすってこと?!
おっ、恐れ入りました。。。(汗

それと、昼食後につきましては、「食事中」には該当いたしませんので、ギリでセーフとさせていただきます。(笑

それにしても、、、パ○ツのくだりでツッコンでくれるのはきっとよっちさんだけ、と思ってたら、大正解でした(爆笑

というわけで、ツッコミ担当でぜひ関西へ!!
お待ちしています^^

投稿: エリミ | 2008年4月22日 (火) 20時13分

エリミさん
我が家へコメントありがとうございましたm(_ _)m。
ここへくるのは実はもうすっかりおなじみになってましたが、コメントするのはお初です。
よろしくです(^^。

私も30歳を過ぎてからバイクに目覚めたひとりですが・・・うぅ、今日ほど遅咲きライダーであることを恨めしく思ったことはありませんっ。
オトナだからこそ広がるバイクの楽しみってものがあるのよ、としたり顔して自分を納得させてましたが、純粋に10代の若い血で乗るバイクってのを体験してみたかったわ〜、と・・・。

私は今から広がるバイクの世界を楽しむことしかできませんが、エリミさん、また機会があればこうやって昔の思い出を時々見せてください。
楽しみにしてます。

投稿: luvluv_bike | 2008年4月22日 (火) 23時53分

●luvluv_bikeさんへ

コメント、ありがとうございます!
って、ええっ、、、おなじみさんだったんですか!?
それはそれは、ありがとうございます^^

たしかに「10代ならではのバイクライフ」を楽しんできたアドバンテージ的なものもあるのかも知れませんが、自分から見れば、遅咲きライダーの方々の熱意やパワーには到底かなわない、、、と思ってます。
バイクと関わる「濃密さ」が全然違うと思いますよ~
なので、おっしゃるとおり、「オトナだからこそ広がるバイクの楽しみってもの」はある!!と思います^^

それと、やっぱ長く乗ってる分、失ったり、忘れてきたものも多いですから。。。

で、luvluv_bikeさんのフィルターを通して、今から広がるバイクの世界のなかで、エリミがもう見ることができない新鮮な世界をたくさん見せてください^^
楽しみにしてます!!

で、エリミの過去の遺物もちょくちょくアップしますので、また覗いてやってください(笑

投稿: エリミ | 2008年4月23日 (水) 22時21分

楽しく読ませていただきました^^
できれば今は何も積みたくない・・・ってのに笑いました☆
私も名神高速で荷物を落としたことがあるので
積みたくない派です。
まぁテント張ったりできないので、いつも雨具しか積んでませんがw
(落としたときは、地図や財布や携帯やら、全部です)

投稿: みゆ | 2008年4月24日 (木) 08時53分

●みゆさんへ

ご訪問&コメント、ありがとうございます!!
昔は、ある種キャンプ道具満載に、誇りすら持ってましたから。。。(汗
でもやっぱり何も積まない方が、自由にライディングできてラクですよね~^^
ええっ!?
名神で荷物落としたんですか??
しかも、財布や携帯なんて、、、それは大変でしたね。
落としたこと無いんで分からないんですが、アレってどうやって拾うんでしょうね??

投稿: エリミ | 2008年4月24日 (木) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459783/20392347

この記事へのトラックバック一覧です: バイクライフの原点:

« 可及的速やかにお読みください。 | トップページ | 一青窈×80%=平井堅!? »