« 「教える」って難しいなー(汗) | トップページ | 最近のお気に入り »

帰るべき場所

そこは、青い海を見下ろす
Rの小さなコーナーが連続する道。

毎年、春になるとバイクで一番に走る峠だ。

バイクの免許取立ての頃、良く通っていた。

1275

休日出勤と残業ばかりの毎日の中、
仕事が終わってから、夜中に走るのが恒例だった。

街灯もロクにない真っ暗な峠道で、
ツレのランサーターボとツルんで、
雨が降らない日はほとんど走っていた。




その頃はといえば、
レースブームのまっただ中。

峠は速いライダーでいっぱいだった。


そんな中、初心者の自分は
走り方が全く分かっていなかった。

焦ってムリに奥まで突っ込んでは、
ブレーキ握ったままコーナーへ。
結局のところ、遅いし危ない。


それでも、繰り返しその峠を走る中で
「ゆっくり入る」ってことがの意味が
なんとなく分かったような気がした。






この峠では、いろんなことがあった。


ムリに追い越した黒塗りのシャコタンに、
クラクション鳴らされながら追いかけられたり。


車と正面衝突して、
動かなくなったライダーを見たこともあった。


そういえば、、、
初めて立ちゴケしたのもここだった。




バイクを降りる気持ちになりつつも
「モウイチド」と思って走ったのもココだ。




818



今はバイパスが出来、幹線道路からは退いたが、
「峠」としてはまだまだ現役。



また春になったら、一番に走りに行くつもりだ。





今までと同じように。








掲載写真はイメージです。
文中の実際の場所とは直接関係ありません。


にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 「教える」って難しいなー(汗) | トップページ | 最近のお気に入り »

バイクとの思い出」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459783/38901838

この記事へのトラックバック一覧です: 帰るべき場所:

« 「教える」って難しいなー(汗) | トップページ | 最近のお気に入り »